【2017年12月更新】おすすめ洋楽!11月来日MØ最新アルバム、新曲はDiploとのコラボ作!Major Lazerファンにも!

11月にスウェーデン出身の歌手

が来日し大阪と東京の2都市でライブが開催されました。

といえば、

あの大ヒット曲、

Major LazerのLean Onを歌う声の主ですね!

Lean Onの後も

Major Lazerとジャスティンビーバーとコラボした

Cold Waterがヒットしたり、

個人でのシングルも続々発表していたりと

ノリに乗っていますね!

そんな、大活躍中のMØが

最新アルバムを引っさげて来日するということで、

彼女の東京公演参戦に伴い、

私が最近プレイリストに追加した、

MØの最新EP(ミニアルバム)

彼女の歌うDiploの新曲について、

ライブ参戦の感想をおりまぜつつ紹介いたします!

MØ最新アルバムと、Diploとの最新コラボ曲とともにワールドツアー開催!

スウェーデン出身の個性派シンガー

MØがつい先日までのワールドツアーで

日本を含む、中国、香港、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドなどの

計9都市を回るワールドツアーを開催しました。

私は、新木場Studio Coastで行われた東京公演へ参戦しました!

そこでのお目当は、やはり、

リリースしたてほやほやの

最新EP(ミニアルバム)

「When I Was Young」と、

これまた、発表したてほやほやの

Diploとの最新コラボ曲、

「Get It Right」でした!!

 

EPの方は、

全6曲の新曲が収録されていて、

個性的で女性的な強さを感じる曲を中心に

盛り上がるポップな曲から、

パワフルなラブソングまで、

MØらしさ全開の内容です!

ライブでもどんなパフォーマンスになるのか

期待感が高まりました!

 

Diploとのコラボ曲の方は、

歌うかな〜歌わないかな〜

ってところから楽しみなところでもありました。

また、

MØの過去のライブ映像とかをYou Tubeとかで見てみると

独特で大胆な動きというか、ダンスが印象的なので、

どんな大暴れを見せてくれるのかというところも

個人的には一番の注目ポイントでした。

「Roots」で幕開け!スローテンポの曲で一気に引き込まれたMØワールド!

ライブは、

EPの1曲目に収録されている

「Roots」で幕開けとなりました。

 

勢いのある曲から始まって、

ジャジャーン☆っと

アーティストの登場とともに会場が一気に湧き上がる感じとは

違います。

 

「Roots」のスローテンポで、

ちょっと不気味な雰囲気から

漂うように現れた彼女。

声は聞こえるのに、

しばらくその姿を捉えられず、

グッと目を凝らしました。

さらに、

Rootsのなんとも捉えどころのない感じを聞き逃すまいと

五感をフルで舞台に集中させていたら、

いつの間にか別世界に、

MØ独特な世界に引き込まれていたようでした。

 

MØが登場したら、誰よりも叫んでやろう、

って思ってたのに、、

一曲目は、あっという間に

棒立ちで聞き入ってしまいました。

POPもラブソングもどっちも盛り上がれるところが好きすぎる!

私が最新EPの中でも

お気に入りで

ライブでの聞くのも楽しみにしていた2曲があります。

「When I Was Young」

Bb」

の2曲です。

 

「When I Was Young」は、

POP色が強く、サビが結構盛り上がるので、

ライブでの盛り上がりにも期待していましたが、

やはり期待通りの盛り上がりでした!

サビで一気に繰り広げられるバウンス感とか、

生のバンドで聴くとかなりテンション上がります。

頭振ったり、飛んだり跳ねたり、

ちょー踊れるライブ向けの1曲!

 

それと、正反対とまではいかないけど

「Bb」は、

こみ上げる系の熱いラブソングって感じ。

Baby, I will always

I will always love you

のサビフレーズが

なんとも分かりやすくて思わず口ずさんでしまうのだ。

 

Baby, I will always

Be your riot gal

Even though you don’t want me to

……………………………………………………………..

Baby, I will always

Be in love with you

Even though you don’t want me to 

 

やばい、

歌詞、せつないー。

けど、MØのラブソングはしっとり過ぎないところが良い!

 

ベイベーー!

ってライブで一緒に叫ぶのは

最高にスッキリしました♪( ´▽`)

 

MØのしっとり過ぎないラブソングといえば、

人気シングルの「Don’t Leave」も似たような感じですね。

新木場で

ドン、リーーーーーブ!

って万歳しながら叫んでた

馬鹿丸出しのチャンネーを見たという方、

多分私です。。

MØ新曲はまたまたDiploとの共同作!

Diploの最新作

「Get It Right」

にまたMØがフューチャリングされました。

DiploとMØのコラボ多いですね〜

MØの良さを生かしたゆったりとした曲調でいい感じです。

ピアノの伴奏とMØのハスキーボイスが

Lean Onの時とは違う異国感をかもし出していて良い感じです!

ライブでもバッチリ披露してくれました!

うん、良い!!

新曲Get It RightはMajor Lazerドキュメンタリー映画のサウンドトラック?

少しMØの話と、ライブの話と離れてしまうのですが、

DiploとMØの新曲「Get It Right」から

疑問に思ったことがあったので調べてたので書いておきます。

まず気になったのが、

Get It Rightが、

とあるアルバムの一部になっていること。

そのアルバムの名前を見てみると、

「Major Lazer Presents : Give Me Future (Music From &Inspired by the Film」

ちなみに、このアルバムめっちゃくちゃ良い曲入ってます!)

え、Major Lazer新しいアルバム出したの????

ひゃほーい!。。。。

と思ったのですが、ちょっと違いました。

あ、あれ、アーティスト名がMajor Lazerじゃないな、

Various Artists、、、?

確かに、

13曲収録されているうち

半分くらいの曲はMajor Lazerであるものの

一つ一つのアーティスト名が違います。。

そこでもう一つの疑問が、、

アルバムのジャンル(普段ならpopとかdanceとかエレクトロニックとか表示されるとこ)が、

サウンドトラック??????

映画のサントラ?Inspired by Film???

ということで、

アルバム名の「Major Lazer Presents : Give Me Future」で検索して見たところ、

どうやら、

「Give Me Future」という

Major Lazerのドキュメンタリー映画が

11/17にApple Music限定で公開されていたみたいですね。

知らんかった。。。

こ、これは見たかった。。。

 

DiploとMØの新曲が収録されているアルバム、

「Major Lazer Presents : Give Me Future (Music From &Inspired by the Film」は、

Major Lazerのドキュメンタリー映画のサントラだったことが判明しました。

サントラといえども、

超充実の内容なので、

Major Laserファン、Diproファン、MØファン

全員要チェックです!

《ま&め》

今回のライブ開催とともに、

発表された最新EPは

ライブでも会場を

一気にMØワールドに取り込み

ノリノリな感じにも、情熱的にも盛り上りあげるのに十分な

MØの魅力たっぷりの内容でした。

また、

Major Lazerのサントラも

MØとDiploによる「Get It Right」はもちろん、

サントラ全体を通して良い曲が入っているので聞いてほしい1枚となっています。

さらに、

Lean Onの新たなRemixed版が2曲入っていたりすることからしても、

MØとMajor Lazer、

MØとDiploの関係が

特別なものであることが感じ取れる作品でもあるかなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です