【AVICII ドキュメンタリー映画】2日間限定公開で蘇ったEDM界王者の名曲「LEVELS」「WAKE ME UP」

ちょうど1週間前の11/23(木)11/24(金)の2日間限定で公開されたていた、AVICIIのドキュメンタリー映画「TRUE STORIES」を六本木で見たのですが、それから久々のAVICII熱が冷めません。。

映画の中でも、AVICIIのギグでは興奮しまくり中毒(そんなものはありません)で救急搬送者が多発したという事実が映し出されるほど、一体全体どうしてAVICIIの曲はこんなにも人々を熱狂させるのでしょうか。

私も時代の流れとともにAVICIIにのめり込み、喜怒哀楽した人間のひとりですが、今夜は映画観賞をきっかけに蘇った彼の名曲「LEVELS」と「WAKE ME UP」について独断と偏見で語ります。

「LEVELS」と「WAKE ME UP」で一瞬にしてEDM界の王者に

エレクトリックミュージックを聴いている人で知らない人はいないというほどの名曲、「LEVELS」「WAKE ME UP」

映画の中でもこの2曲が一瞬でブチ売れて、一気にトップに君臨する様子から物語が幕開けとなりました。

私もこの2曲を聞き出してAVICIIという名を知るようになってからは、どんどんと彼の魅力にとりつかれていきました。

正確に言えば、「I Could Be the One」を含めた3曲をきっかけに私はAVICIIファンとなったわけですが。

さて、「LEVELS」と言えば、“Oh~, sometimes I get a good feeling, yeah, ……” のサンプリングが特徴的ですが、同年にヒットしたフローライダーの「Good Feeling」を連想した人も多いのではないでしょうか?

私はそうでした(笑)

しかし、LEVELSは正確にはエタジェームスという方の「Something’s Got a hold On Me」という曲をサンプリングしたものでした。

実際に「Something’s Got a hold On Me」聴いてみると・・・

お〜〜〜!!!!!こ、この冒頭部分は・・・

AVICIIがライブセットでやるヤツやああああ〜〜〜〜

この、Yeeeeeeeeehとかooooohhhhhhとかのコーラスが入るスローテンポをライブの中盤にブチ込まれると、なんだかジラされますよね!

また、LEVELSを悟った時の期待感で頭から煙が出そうなくらい興奮するんですよね。

みなさん、共感のうなずきでヘドバン状態だと思いますが、、、だよね?ね?

2016年のジャパンツアーでもこのセットが披露されたのを私は忘れもしません。

まあ幕張のqvcで、あの時はキタコレ、と思って自信満々にyeeeeeeh, ooooohhhhhhを叫んだわけですが、

確か、サンプリング部分が思ったより長かったんですよねー

さすが、私の予習と期待を良い意味で裏切ってきました。

ちなみに、私の予習セットは2015年のULTRA MIAMIでのライブセット。

ちと古いですが、アプリのSOUND CLOUDで50回以上のヘビロテ記録中(推定)

AVICII熱再発の今週はジムでのトレーニング中に聞いたら、、、

なんだか、、、いつもより、、集中デキタ、、気ガスル・・・笑

「WAKE ME UP」を筆頭に、独特な世界観に引き込まれるのは魔法か何かなのかな?

映画の中のシーンというかコメントで

「AVICIIは、有名なボーカリストを使わなくても売れる」

的なことを誰かが言っていたのが印象に残っています。

確かにそうだと思いました。

先ほどの、LEVELSのサンプリングだって誰の曲だか知らなかったし、WAKE ME UPのボーカリストもI Could Be the Oneのボーカリストも未だに知らないで聴いています。

でも、よく考えたら不思議すぎませんか?

こんなに大好きな曲で、こんなに有名な曲なのにボーカリストに注目しないなんて。

普通の感覚だったら、

「この曲いい曲だな〜」→「歌ってるの誰だろ」→「この人の他の曲も聴いてみたいあ〜」

なんだけど、AVICIIの曲はならない。

不思議だ。

ボーカルがいいとかそんなことよりも、AVICIIとそのボーカルが揃ってこその世界観というか、曲そのものに引き込まれているってことなんですかね。

世界観といえば、WAKE ME UPとかは天才的だと思うんですよね。

ゴリゴリのカントリーとエレクトリックミュージックを融合させた斬新で独特な世界観に世界中が引き込まれました。

「こんな荒野チックな(そんな言葉はない)ボーカリングの曲、今までプレイリストに入ってたことなんかないけど、、なんでだろ、、、今、、メッチャ好っきやねん!!!!!」みたいな。感情?

あ、あとあのMVの主人公2人(綺麗なお姉さんと少女)の関係性が謎に包まれている感じも独特の世界観といえばそうだな。。。

やっぱ姉妹?ぱっと見、親子?従姉妹らへんかなあ?

まさに、AVICIIマジック ☆

そういえばAVICIIの曲って全然カバーとか、リミックスとかされないような・・・

やっぱりアーティストたちもAVICIIの曲は手の加えようがないほど完璧だって認めているからなんですかね。誰か理由を知っていたら教えて欲しいです。

WAKE ME UPは特にリミックスとか嫌なんですよね。あの曲はあのままじゃないと魔法にかからない。はず。私は。

 

でも、、Dear BoyはAvicii by Avicii派。(`・∀・´)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です