祝!【Galantis来日2018】ライブ予習曲21選!2016年ULTRA JAPAN公演を一挙振り返り!

Galantis の歓喜の日本単独公演が決定いたしました!

2018年4月7日(土)1日のみ、場所はZepp Tokyoでの公演とのことです!

これは、絶対に逃すことはできません!

というのも、ギャランティスは2016年のULTRA JAPANに出演しましたが、そのライブセットが個人的には最高に神がかっていたので、いつかライブに参加したいと思っていた矢先の単独公演決定!

ということで、私の大好きなギャランティスのULTRA JAPAN 2016 公演のライブセットを振り返ります♪( ´▽`)

ULTRA JAPAN 2016を思い出して懐かしむも良し、

ギャランティス2018年公演の予習に活用するも良しです;)

ギャランティスの曲以外の神曲たち9選

こういうEDM系のライブやフェスって、その出演者のオリジナル曲以外の曲もごちゃまぜのセットが披露されますよね。

その出演アーティストのシングル曲やアルバムは予習バッチリでも、他の曲がわからなくて飽きちゃった。。不完全燃焼。。なんて経験ありませんか?

だからこそ、ライブセット全体通してブチ上がれるセットは思い入れが深いものです( ´∀`)

では、ギャランティスの2016年のセットでは、どんな曲が良かったか、かなり個人的ではありますが、テンアゲポイントを紹介します!(ギャランティスのオリジナル曲については後ほど。。)

■Roses – The Chainsmokers

今や日本でも知らない人がいないってくらいの高知名度を誇る曲でしょうか。2016年後半から人気爆発のRosesは、今年もまだまだフェスで聴けそうなロングヒットぶりですね。

■Flashlight – R3hab & DEORRO

ただ、ただ、個人的に好きな曲です!この曲が来た瞬間に、ギャランティス最高かよ、ってなりました。ちょっと前の曲だけど、根強い人気がある曲です。

■Dark River – Sebastian Ingrosso

ギャランティスのセットには欠かせない曲のようです。スウェーデン出身同士のお友達パワーを感じます。

■Get Ready – 2 Unlimited

92年の曲ということで、ちょっと古いような、ステレオ感が楽しくなる曲です。

■Collab bro – Timmy Trumpet & Angemmi

大好きなTimmy Trumpetの曲です!重低音が効いたインストュルメンタルのパートがTimmy らしくて、ホットな気持ちになる曲です。

■Destination Calabria – Alex Goudino

フェスやクラブで定番の曲ですね!サックスの音がなんともエロカッコイイです♪( ´▽`) イタリア人DJならではの世界観年でしょうか?魅力的で病みつきになります。

■I Want You To Know (feat. Selena Gomez) – ZEDD

文句なしでみんな大好きな曲。

■Can’t Feel My Face [Martin Garrix] – The Weekend

2016年のこのころすごく流行って、様々なDJが流していました。特にMartin Garrixのリミックスバージョンはかなり話題で、そっちを聞くことの方が多かった印象があります。ギャランティスもリミックスの方を入れて来ています。

■Space – Micha Moor

こちらは、メジャーレイザーのライブセットだか、ミックステープだかにも入っていて好きになった曲です。レゲエののんびりした雰囲気を入れてくるところも、飽きさせないセットを作り上げていて素晴らしいです!ギャランティス!

普段のプレイリストにも入れたい、素敵なボーカル曲4選

ギャランティスの世界観に絶妙にマッチする、癒しの4曲です。

■One Last Night On Earth- Dada Life
■I wanna know (Nico & Vins) – ALESSO
■Sweet Destination – The Temper Trap
■Is It Love (Arty Remix) – 3LAU feat. Yeah Boy

第1作アルバム「Pharmacy」とNO MONEY

ULTRA JAPAN 2016 で流れたギャランティスの楽曲は以下になります!

ギャランティス第1作目のアルバム「Pharmacy」の曲が中心となっていますが、個人的に大好きな In My HeadLouder, Harder, Better などがバッチリ入っていて、本当に最高のセットです( ´ ▽ ` )

■Gold Dust           ■You   ■Smile

アルバム Pharmacy や初期の曲では、ゆったりと美しいメロディーの曲が多いです。フェスやライブで、このキラキラとしたギャランティスワールドに包まれることを想像しただけでもシビれてしまいそうです。

■Louder, Harder, Better

From my side of town のところの歌詞が、何度聞いても「Fromマサラタウン」にしか聞こえなくてずっとポケモンの曲だと思って聞いていました。(くだらなくてすみません。。)

流れるような歌詞といい、メロディーといい本当に美しい曲です。Louder, Harder, Better と力強い比較級の歌詞とのギャップもなんだかキャッチーでくすぐったい気持ちになる曲です。

■Runaway (U & I)

その前の年のULTRA2015で一番の出現率だった曲!(実際はメジャーレイザーのLean Onと良い勝負だったな〜)「ユーエンドアイアイアイアイ」が耳につきすぎて、恐ろしいくらいだったのをよく覚えています。この曲がきっかけでギャランティスは爆発的に世に知れ渡るようになりました。

■In My Head   ■Peanut Butter Jelly

アルバム Pharmacy の収録曲はゆったりと美しいだけでなく、ハッピーオーラたっぷりのエレクトロパートもギャランティスの世界観を象徴しています。

私の大好きな In My Head で言えば、

I do it for you~I do it for you~…..からの

Now you’re in my head and it’s outta my hands~

と盛り上がって、最後に爆発する感じがたまりません!

本当にここのパートが好きすぎて、、

熱唱して、我を忘れて踊り狂いたい曲です\(( °ω° ))/

■No Money

このころ新曲として発表されたばかりの曲で、2016年のセットでは2回くらい挿入されていました!

それまでのアルバム Pharmacy の収録曲などでは、しっとりゆったりとした曲調とエレクトロミュージックの組み合わせが主でしたが、No Money は、まさに「ハッピー×ハッピー」!

ハッピーオーラにさらにハッピーをトッピングした、明るさマックスの雰囲気!なにこの楽しい曲!

ギャランティスの楽曲に新たなキャラクターを確立させた曲です。

さらに、さらに、面白いのが、歌詞の内容です。

このハッピーオーラ全開で何を訴えているかというと、、

ふむふむ、、

「金がない」「家に置いて来た」「一銭もやらん」と始まって、殴るだの殴られるだの、逃げるだの逃げないだの、、

完全にカツアゲされてるやんけこいつ、、、

絶対ハッピーじゃないこの状況をあえてハッピーなリズムに乗せて、無邪気に表現しているところが、

シュールすぎませんか?

2017年最新アルバム「The Aviary」とまとめ。

ULTRA JAPAN 2016 でのギャランティスのライブセットを紹介いたしました!

しかし、今回の2018年4月の日本単独公演で期待されているのは、何と言っても昨年リリースされたばかりの最新アルバム「The Aviary」ですよね!

やはり、シングルが出ている、

【Love on Me】【Pillow Fight】【Rich Boy】【Hunter】 らへんの曲が中心となるのでしょうか?

うーん、全部聴きたい!!

どんな曲が流れるのか、今から楽しみでたまりません!