【Maren Morrisとは?】The MiddleでZEDDとGreyとコラボのマレン・モリスをwiki式紹介!身長、彼氏についてなど情報多数!おすすめ曲はグラミー賞受賞のMy Church!

Zeddの最新シングル曲 The Middle のボーカリストを務める

女性カントリーミュージシャン

Maren Morris(マレン・モリス)についてまとめました。

Maren Morris(マレン・モリス)の基本情報


【本名】Maren Larae Morris

【誕生日】1990年4月10日

【出身地】アメリカ、テキサス州 アーリントン

【音楽ジャンル】カントリーミュージック

【専門分野】シンガー、ソングライター、レコードプロデューサー

【活動期間】2005年から現在

【所属レーベル】Clumbia Nashbville(Sony Musicのカントリーミュージック支店?)

【身長】163cm

【体重】53kg


マレン・モリスはアメリカ テキサス州出身のシンガー、ソングライター、レコードプロデューサーです。

12歳の頃に親からギターを与えられたことがきっかけで歌をはじめ、15歳の時にはスタジオアルバムをリリースしていたんだそう。。才能があったんですねえ。

見た目はダークブロンドの髪色に、ダークブランの瞳をしていて、鼻が横に広がっているところがセレーナゴメスっぽいかなとちょっと思いました。

体型は痩せ型でスタイル良きです。

上半身の露出の多い服装が多いですが、着こなしのセンスが良くて上品でおしゃれな人ですね。

水着姿の写真なんかもインスタ映え映えという感じです。

Maren Morrisのイケメン旦那様の正体は?

マレン・モリスは2018年3月に結婚したばかりの新婚さんです。

お相手は、同じくアメリカ出身のカントリーシンガーソングライターのライアン・ハードさんです。

2年ほどの交際期間を経て結婚に至ったそうです。

マレン・モリスのインスタにも頻繁に2ショットが投稿されていますが、かなりラブラブのお似合いカップルです。

旦那さん、高身長で茶髪のロン毛と髭面がワイルドなイケメンですね〜

ライアン・ハードの身長は183cmとの情報がありましたが、身長差からして190cm以上あるように見えます!

とにかく高身長のイケメン旦那!とっても素敵です!

Maren Morrisの音楽活動

15歳の時に「Walk On」というスタジオアルバムをリリースしてから、「All That it Takes」「Live Wire」「Hero」とこれまでに計4枚のスタジオアルバムをリリースしており、アルバム、シングル共にたくさんの功績を残しております。

2015年にSpotifyでリリースされたEP「Maren Morris」は1ヶ月で250万回の再生回数を記録しチャート入りを果たすと、その活躍が数々の音楽レーベルの注目を集め、現在のClumbia Nashvilleと契約することとなりました。

Clumbia Nashvilleと契約後、EP「Maren Morris」を再リリースさせるとビルボードチャートで27位まで登り、さらにはヒートシーカーズチャート(新人や発展途上のアーティストが多くチャートインする)でNo.1を記録しました。

2016年にリリースしたメジャーデビューアルバムでもある「Hero」は、ビルボード200チャートでTop5入りしており、トップカントリーアルバムチャートではTop1を記録しました。

また、アルバム収録曲のデビューシングル My Church は2016年のカントリーデジタルソングチャートでNo1.を記録し、さらにはUSホットカントリーソングチャートでTop5を記録しました。

My Church は同年のグラミー賞でベストカントリーソロパフォーマンス賞を受賞しており、その他にもベストカントリーソング賞、アルバム「Hero」がベストカントリーアルバム賞、またマレン・モリス自身がベスト新人アーティスト賞にノミネートされるなど大健闘を果たしました。

2018年1月にリリースされた、ZeddとGreyとの最新コラボシングル The Middle はビルボードホット100チャートでNo.5を記録しました。

日本のShazamチャートでもリリース当初から連続でTop20入りをキープし続けることからも人気ぶりが伺えますね。

Maren Morrisのおすすめ曲

■My Church

2016年にグラミー賞ベストカントリーソロパフォーマンス賞を受賞するなど、数々の賞に受賞、ノミネートしたマレン・モリスの代表曲。

ハワイアン音楽のような、のんびり心地よい曲です。

■80s Mercedes

直訳すると「80年代のメルセデス」となりますw

思い切りの良い歌声が開放的な曲です。こちらも人気の高い曲。

■I Coul’d Use a Love Song

2018年のグラミー賞ベストカントリーソロパフォーマンス賞にノミネートした作品。

■Hero

上記の3曲が収録されたマレン・モリスのデビューアルバム。

2018年のベストカントリーアルバム賞にノミネート、ビルボードチャートでもTop5を記録している。

マレン・モリスを知る上では要チェックのアルバムです。

■Craving You (with Thomas Rhatt)

シンガーソングライターのトーマス・ラットとのコラボ曲。

ロックの要素が強めなところがかっこいい曲です。

■The Middle (with Zedd and Grey)

人気エレクトロミュージックプロデューサーのZeddとGreyとのコラボ作。

キレの良いキャッチーなサビの部分なんかは、聞くたびに口ずさみたくなってしまいます。

私はZeddも大好きなので、先日Zeddが来日公演した際にこの曲を聞くことができましたが、会場大熱唱の大盛り上がりでした。

リリースまもないですが、すでに大人気の曲です。

The Middle はこれまでマレン・モリスが活動してきたカントリーミュージックの音楽感とはかけ離れたEDM、POP部門への進出となりました。

この転機が今後の活動にどのように影響するのかが楽しみですね。